宿泊約款&利用規約


宿泊約款

「ペットと泊まれる貸別荘コトマル。(以下「当施設」という)、当施設の利用に関し、次の宿泊約款・利用規則を設けさせていただいております。ご予約のお申し込み、ご利用にあたりましては、必ずお読みいただき、ご同意いただけますようお願い申し上げます。

第1条 (適用範囲)

当貸別荘が宿泊客との間で締結する宿泊契約およびこれに関連する契約は、この約款の定めるところによるものとします。

当貸別荘が法令および慣習に反しない範囲で特約に応じたときは、前項の規定にかかわらず、その特約が優先するものとします。

第2条(宿泊契約の申込み)

(1)当貸別荘に宿泊契約の申込みをしようとする者は、次の事項を当貸別荘に申し出ていただきます

・宿泊者名および電話番号

・宿泊日および到着予定時刻

・宿泊料金(原則としてご予約時プラン料金による)

・その他当施設が必要と認める事項

(2)宿泊客が、宿泊中に前項第2条の宿泊日を越えて宿泊の継続を申し入れた場合、当貸別荘は、その申し出がなされた時点で新たな宿泊契約の申込みがあったものとして処理します。

第3条(宿泊契約の成立等)

宿泊契約は、当施設が定めた宿泊料金をお支払い時に成立するものとし、宿泊に際しては当施設宿泊約款を契約内容として適用させていただきます。また、インターネットからの宿泊申し込みに関しては、当施設宿泊約款に加え、各予約サイトの利用規約も適用させていただきます。ただし、当施設が承諾をしなかったことを証明したときは、この限りではありません。

第4条(宿泊契約締結の拒否)

当貸別荘は、次に掲げる場合において、宿泊契約の締結に応じないことがあります。

・宿泊の申し込みが、この約款によらないとき。

・満室により貸別荘の余裕がないとき。

・宿泊しようとする者が、宿泊に関し、法令の規定、公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき。

・宿泊しようとする者が、過去に当施設に対して代金支払い遅延やなんらかのトラブルがあったとき。

・宿泊しようとする者が、次の①から③に該当すると認められるとき。

①暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団(以下「暴力団」という。)、同条第2条第6号に規定する暴力団員(以下「暴力団員」という。)、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力

②暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき

③法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの

・宿泊しようとする者が、他の宿泊客に著しい迷惑を及ぼす言動をしたとき。

・宿泊しようとする者が、伝染病者であると明らかに認められるとき。

・宿泊しようとする者が、刑事事犯による手配・逮捕・検挙・起訴・有罪判決のあったとき。

・宿泊しようとする者が、暴行・傷害・強要・脅迫・恐喝・詐欺およびこれに類する行為のあったとき。

・宿泊しようとする者が、当施設もしくは当施設従業員に対し暴力的要求行為を行い、または合理的な範囲を超える負担を要求したとき。囲を超える負担を求められたとき。

・天変地異(地震、台風、津波、火山噴火、集中豪雨等)、テロ事件・国際紛争の勃発、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項または同法第45条第2項に基づく要請等を受け臨時休業(部分的休業を含む)する他、施設の故障、その他やむを得ない事由により宿泊させることができないとき。

・宿泊しようとする者が、泥酔等により他の宿泊客に迷惑を及ぼすおそれのあるとき、および他の宿泊客に著しく迷惑を及ぼす言動を行うおそれのあるとき。

・旅館業法第5条ならびに当ホテルを管轄する自治体が定める旅館業法施行条例(別表第三)の規定する場合に該当するとき

第5条(宿泊客の契約解除権)

(1)宿泊客は、当貸別荘に申し出て、宿泊契約を解除することができます。

(2)当施設は、宿泊客がその責めに帰すべき事由により宿泊契約の全部又は一部を解除した場合は、当貸別荘の各棟のキャンセル料により、キャンセル料を申し受けます。

(3)当貸別荘は、宿泊客が連絡をしないで宿泊日当日の午後6時(あらかじめ到着予定時刻が明示されている場合は、その時刻を2時間経過した時刻)になっても到着しないときは、その宿泊契約は宿泊客により解除されたものとみなし処理することがあります。

第6条(当施設の契約解除権)

(1)当施設は、次に掲げる場合においては、宿泊契約を解除することがあります。

・宿泊客が宿泊に関し、法令の規定、公の秩序(反社会的行為)若しくは善良の風俗に反する行為をするおそれがあると認められるとき、又は同行為をしたと認められるとき。

・宿泊客が次の①から③に該当すると認められるとき。

①暴力団、暴力団員、暴力団準構成員又は暴力団関係者その他の反社会的勢力

②暴力団又は暴力団員が事業活動を支配する法人その他の団体であるとき

③法人でその役員のうちに暴力団員に該当する者があるもの

・宿泊客が泥酔等により他の宿泊客に迷惑を及ぼす恐れのあるとき、または他の宿泊客に著しく迷惑を及ぼす言動をしたとき。

・宿泊客が伝染病者であると認められるとき。

・宿泊客が、当ホテルもしくは当ホテル従業員に対し暴力的要求行為を行い、または合理的な範囲を超える負担を要求したとき。

・当施設管理者の許可無く、営業行為(展示会・その他)等、宿泊以外の目的での利用したとき

・天変地異(地震、台風、津波、火山噴火、集中豪雨等)、テロ事件・国際紛争の勃発、新型インフルエンザ等対策特別措置法第24条第9項または同法第45条第2項に基づく要請等を受ける等、不可抗力に起因する臨時休業(部分的休業を含む)等の事由で宿泊させることができないとき。

・施設内でのたばこ、消防用設備等に対するいたずら、その他当施設が定める利用規則の禁止事項に従わないとき。

・下記物品などの持ち込みが行われたとき。

①火薬、爆薬、ガソリン、灯油、薬品、毒性ガス、揮発油等 等の危険物

②腐敗物、不潔物、その他湿気、悪臭、異臭、臭気等を発する物

③猫、鳥、爬虫類その他の動物ペット類全般(同伴許可の犬はこの限りではありません)

④著しく大量な物品

⑤その他法令で所持を禁じられている物 等

・旅館業法第5条ならびに当ホテルを管轄する自治体が定める旅館業法施行条例(別表第三)の規定する場合に該当するとき

・当施設が指定するシステムへの身分証明書等の登録を拒否した場合。

(2)当施設が前項の規程に基づいて宿泊契約を解除した場合、それに伴う損害については、一切賠償しません。又料金の返還は一切行いません。

第7条(宿泊の登録)

宿泊客は、事前に当施設の指定するシステムにおいて、次の事項を登録していただきます。

・宿泊客の氏名、住所及び連絡先、法的身分証明書のコピー

・外国人にあっては、国籍、旅券番号、パスポートの呈示及びコピー

・その他当貸別荘が必要と認める事項

第8条(貸別荘の使用時間)

宿泊客が当施設を使用できる時間は、午後2時から翌日午前10時までとします。ただし、連続して宿泊する場合においては、到着日及び出発日を除き、終日使用することができます。

第9条(利用規則の遵守) 

宿泊客は、当施設内においては、当施設が定めた利用規約に従っていただきます。

第10条(料金の支払い)

宿泊客が支払うべき宿泊料金等の内訳は、各予約サイト、または、当ウェブサイトの各施設料金表に掲げるところによります。

前項の宿泊料金等の支払いは、予約サイト、または、事前にお支払いいただきます。

当施設が宿泊客に貸別荘を提供し、使用が可能になったのち、宿泊客が任意に宿泊しなかった場合においても、宿泊料金は申し受けます。

第11条(当貸別荘の責任)

当施設は、宿泊契約及びこれに関連する契約の履行に当たり、又はそれらの不履行により宿泊客に損害を与えたときは、その損害を賠償します。ただし、それが当施設の責めに帰すべき事由によるものでないときは、この限りではありません。

当施設は、万一の火災等に対処するため、賠償責任保険に加入しております。

第12条(宿泊客の手荷物または携帯品の保管)

宿泊者がチェックアウトしたのち、手荷物または携帯品が当施設に置き忘れられている場合において、当施設は原則として所有者からの照会の連絡を待ちその指示を求めます。宿泊客からの申し出がない限り発見日を含め1カ月間保管し、その後処分いたします。また、飲食物・衛生上不適切と判断したものや使い捨ての道具につきましては、当日処分いたします。

第13条(駐車の責任)

宿泊客が当施設の駐車場をご利用になる場合、当施設は場所をお貸しするものであって、車両の管理責任まで負うものではありません。

事故・盗難等、 天変地異(地震、台風、津波、火山噴火、集中豪雨等) につきましても当施設は責任を一切負いません。

第14条(宿泊客の責任)

宿泊客の故意又は過失により当貸別荘が損害を被ったときは、当該宿泊客は当貸別荘に対し、その損害を賠償していただきます。

建物内喫煙による匂いや跡が認められた場合、ハウスクリーニング代や寝具、備品の買換え及びクロス張替工事費用を負担して頂きます。

屋外での喫煙等により跡が認められた場合、補修費用を負担して頂きます。

建物や設備、電化製品・家具・物品等を、故意にあるいは誤って壊したり汚したりした場合は復旧にかかる料金を全額負担して頂きます。

その他損害が生じた場合。 人数超過・申請頭数以上の同伴犬でのご利用が判明し次第、即時退去かつ違約金(ご利用料金の2倍以上)をお支払いいただきます。

第15条(当施設の免責事項)

当施設は、天災、または別荘利用者様の不注意で引き起こしたすべての事故、本規約に従わないために起こった事故に関し、一切の責任を負いません。

当施設は、施設利用者様の車両やご持参の品物の破損、盗難、事故に関しまして、一切の責任をおいません。

近隣や別のお客様に迷惑行為があった場合、警察に通報される場合がありますが、その場合は法的にすべて施設利用者様が責任を追うことになります。

約款・規約の内容につきましては予告なしに変更する場合があります。

利用規約

当施設では、お客様に安全かつ快適にご滞在いただくため宿泊約款第9条に基づき次のとおり利用規約を定めておりますのでご協力くださいますようお願い申し上げます。遵守いただけない場合は、やむを得ずご宿泊又は関連施設のご利用をお断り申し上げ、かつ責任をおとりいただくこともありますので、特にご留意くださいますようお願い申し上げます。

お守りいただきたい事項

  1. 当施設は、安全衛生、防火面により、施設敷地内は全面禁煙をお願いしております。屋外についても芝生へのダメージ等から全面禁煙です。喫煙による臭いや跡が認められた場合、追加でハウスクリーニング代や備品の買い替え費用、芝生張替費用を全額ご負担いただく場合がございます。
  2. 当施設の備品の持ち出し、別棟へ移動するのはご遠慮ください。あくまで1つの貸別荘に貸与するものです。また、野生動物のいたずらがある為、使用後は屋外の放置はせず、必ず屋内に入れてください。当施設の設備・備品等はお持ち帰りいただくことができません。
  3. 防火上、芝生保護の理由によりバーベキュー道具の持ち込みはお断りいたします。オプションでのお申込みをお願いいたします。また、万が一持ち込み等が発覚した場合、即時使用を停止し違約金3万を支払うものとします。
  4. 未成年者のみのご利用はできません。
  5. 近隣には永住の方や、農家の方が数多く暮らしております。協定により午後10時以降はお静かにお過ごし下さい。防炎、騒音防止の為たき火・花火(手持ち含む)を禁止させていただきます。
  6. 当施設からお出かけになられる場合は施錠をご確認下さい。特に就寝の際は施錠をお願い致します。不審者と思われる場合は解錠せず、当施設管理者または警察にご連絡下さい。
  7. 当施設内でのご訪問者とのご面会はご遠慮下さい。
  8. 建築物や設備に異物を取り付けたり、現状を変更するような加工をなさらないでください。
  9. 当施設内で、賭博、風紀や治安を乱すような行為、他のお客さまに迷惑をおよぼすような言動はなさらないでください。

ご同伴犬に対しての事項

  1. ご同伴犬の狂犬病予防ワクチン及びウイルス性伝染病の混合ワクチン(5種以上)を接種をお願い致します。
  2. 家庭犬としての最低限のしつけをお願い致します。トイレや無駄吠え、噛み癖等で他の御滞在の方に迷惑をかけないようお願いします。
  3. サークル・トイレトレーは頭数にかかわらず1つとなります。複数必要の場合はご用意をお願い致します
  4. 病気、怪我がなく滞在に影響のない体力と年齢であること。わんちゃんに無理のない滞在をお願いします。
  5. 家具や装飾品等を嚙む・破壊がないようお願いします。破壊等が見受けられた場合、後日ご請求させていただきます。
  6. ソファ、寝具などに同伴犬の粗相が見受けられた場合、特別清掃費用をご請求させていただきます。
  7. ご滞在中はわんちゃんから目を離さぬようお願い致します。ケガ、誤飲、誤食など当施設では責任を負いかねます。
  8. ヒート中のワンちゃんはマナーパンツの着用をお願い致します。
  9. ご宿泊1週間前にはにペットシャンプーをお願い致します。
  10. 自然環境が豊富のためノミ、ダニ予防をお勧めします。
  11. ドッグランスペースや当施設近隣でのウンチ・シッコの処理をお願い致します。

プライバシーポリシー

コトマル。(コトマル。公式ホームページ(https://www.cotomaru.com/)に掲載された施設を運営している法人および有限会社トラスハウジング〈以下総称して「当社」といいます〉)は、お客様・お取引先様(以下「お客様等」といいます)からお預かりする個人に関する情報を保護し、適切に利用させて頂くことが当社の重要な社会的責任であると認識し、当方針を制定し、誠実に実行致します。

1.プライバシーポリシーの目的
当方針は、確実な情報の保護を実現し、お客様等への継続的な安心を提供することを目的とします。

2.お預かりする情報について
(1)お客様等からお預かりする情報
当社がお客様等からお預かりする情報は、氏名・住所・電話番号・メールアドレス・生年月日・性別・当社が定める入力フォームにお客様等が入力する情報、お客様等の指示により当社スタッフが入力した情報・そのほかサービス提供、お取引に不可欠な事項を含むものとします。
(2)お客様等から正当な権限を授権された方から取得する情報
当社が、利用申込者、紹介者、斡旋事業者、提携先、パッケージ商品等の受付事業者等によりお客様から適法に取得され、正当な権限により提供されたお客様等の情報を含みます。
(3)当社のウェブサイトの閲覧にあたって、当社が収集する情報
当社は、当社のウェブサイトの閲覧時に情報を収集することがあります。これには以下の情報が含まれます。

・端末情報
・ログ情報
・Cookie及び匿名ID
・位置情報
・IPアドレス及び個体識別情報
(4)当社との通話録音情報
サービス向上、コンプライアンス強化の為、通話を録音させていただくことがございます。

3.情報の利用目的
お客様等からお預かりした情報は、以下の目的で利用致します。
(1)予約確認等によりお客様にご連絡を取るため
(2)お客様にサービスおよび商品・情報を提供するため
(3)マーケティング活動を行うため
(4)サービスおよび商品の改善のための分析をするため
(5)当社の更なるサービス向上のためのアンケートを送付するため
(6)当社のウェブサイト・モバイルサイトを通じて提供するサービスの利用規定や条件の遵守を求めるため
(7)当社のウェブサイト・モバイルサイトを通じて提供するサービスやお客様等を保護するため
(8)別途お客様に明示し又は公表した利用目的のため

4.情報の取扱いについて
(1)お客様等からお預かりした情報は、適切且つ慎重に管理し、その漏洩、紛失、誤用、改ざん、不正アクセスの危険防止のため、必要かつ合理的な安全管理措置を講じます。また、通信手段を用いてご提供いただく際には通信途上での第三者による傍受に備え、必要に応じてSSL(Secure Socket Layer)暗号化通信などのセキュリティ技術により安全性の確保に努めます。
(2)お客様等からお預かりした情報は、当社のサービスの質を向上させ、お客様等の便宜を図るために、取扱いの一部を外部業者に委託することがありますが、この場合も業務委託先に対して適切な管理を行うよう指示・監督を行います。

5.第三者への開示・提供
当社は以下のいずれかに該当する場合を除き、お客様等の個人情報を第三者へ開示または提供致しません。
(1)お客様等ご本人の同意がある場合
(2)法令に基づき開示、提供を求められた場合
(3)人の生命、身体または財産の保護のために必要な場合であって、お客様等の同意を得ることが困難な場合
(4)公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、お客様等の同意を得ることが困難な場合
(5)国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障が出るおそれがある場合
(6)お客様等にサービスを提供する際に必要な範囲内で業務委託先に開示または提供する場合

6.共同利用
以下のとおりお客様等の個人情報を共同利用致します。
(1)共同して利用される個人情報の項目 「2.お預かりする情報について」に記載された(1)~(3)の項目
(2)共同して利用する者の範囲 詳細はこちら
(3)共同して使用する者の利用目的 「3.情報の利用目的」に記載された(1)~(8)の目的
(4)利用者情報の管理について責任を有する者の名称 有限会社トラスハウジング・個人情報管理責任者統括

7.法令の遵守について
当社は、確実な個人情報保護の実現のため、個人情報関連法令及び関連するガイドラインを遵守致します。

8.お客様等の権利の尊重
ご当社はお客様等の権利を尊重し、お客様等ご本人の個人情報に関しての開示・訂正・利用停止のご請求あった場合には,本人確認を行い、合理的且つ必要な範囲内において対応致します。

9.問い合わせ窓口
ご意見、ご質問、情報の取扱いに関するお問い合わせおよび苦情は、下記の窓口までお願いします
名称:ペットと泊まれる貸別荘コトマル。
連絡先:0439-29-5661

10.プライバシーポリシーの変更について
利用者情報の取扱いに関する運用を適宜見直し、必要に応じて当方針を変更することがあります。変更した場合は、当方針を当ウェブサイト上に公開致します。変更後のプライバシーポリシーは当ウェブサイトに掲載した時から効力を生じるものとします。
改定 2022年09月11日

キャンセルポリシー

宿泊日起算不泊当日前日3日前7日前
宿泊料金に対し100%100%80%50%30%

注 意

  1. プランにより異なる場合がございます。詳しくはプラン毎にご確認下さい
  2. キャンセル料は宿泊客から通知を受けた日から起算します。
  3. %は基本宿泊料金に対するキャンセル料です。
  4. 契約日数を短縮した場合は、その短縮日程に関わりなく、1日分(初日)のキャンセル料を収受します。
  5. 上記キャンセル料は基本キャンセル料となり、別途宿泊契約および特定Webサイトなどのキャンセル料規定が優先される場合があります。

PAGE TOP